1. HOME >
  2. 温泉

奥日光湯元温泉の歴史は古く、勝道上人が男体山を開山した平安年間に発見されました。湯守を置き、庶民の共同浴場としても利用されてきた良い泉質の温泉です。
栃木県内では、日光湯元温泉と板室温泉だけが、国民保養温泉に指定されております。

花の湯 男性用・女性用にそれぞれ内湯と露天あり
内湯・露天共に源泉掛け流し
季の湯 貸切風呂としてご利用いただいております。
男性用・女性用にそれぞれ内湯と露天あり
内湯は加温・循環しております。露天は源泉掛け流しです。

※天候などで硫黄泉の浴槽に浮遊物が交じることがあります。
白いものは湯花であり、黒いものは湯花が酸化したものです。
体に害のある成分ではございません。



源泉名 奥日光湯元温泉
泉質 単純硫黄泉(硫化水素型)中性~弱酸性
湧出温度 49.3~78.9℃
湧出量 毎分1788.5リットル
湯 色 源泉のお湯の色はエメラルドグリーンですが、地上で空気に触れることにより乳白色に変化する
適応症 高血圧症・動脈硬化症(硫化水素型)、糖尿病、慢性婦人病、慢性皮膚病、切り傷、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
禁忌症 皮膚、粘膜の過敏な人、特に光線過敏症の人(硫化水素型)、高齢者の皮膚乾燥症、急性疾患(特に熱のある場合)活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(特に初期と末期)
  • ご予約の確認・キャンセルについては
    お電話にてお願いいたします。
    [0288-62-2426]









pagetop